いつまでも丈夫な歯を

汚れをキレイにする

歯の模型

デンタルフロスとは、歯と歯と間にある歯垢をキレイに落としてくれる物です。歯の状態をキレイに保つことは大切なことで、デンタルフロスは歯のお掃除道具となるのです。使用している素材には、絹糸や合成繊維が多く使われています。細い糸がいくつも密集しており、その糸を使うことで歯の歯垢を取り除いていきます。歯垢を落とすだけでなく、虫歯の原因となる菌も一緒に取り除いてくれます。歯ブラシでは取り除けなかった汚れも、細かく隅々までキレイに落としてくれます。よく歯科医院などで使用されており、メンテナンス時などに活用されています。アメリカで作られたのがキッカケとなっており、昔から人々に使われてきたと言われています。最近では歯科医院だけでなく、一般家庭でも使用するのが主流となってきています。種類も豊富になっており、歯科医院やドラッグストア、スーパーなどでも手軽に購入することが出来ます。日頃から歯をキレイに保つことに適しており、虫歯予防にも最適なアイテムです。

デンタルフロスは歯科医院だけでなく、種類によってはドラッグストアやスーパーなどでも手軽に購入出来ます。販売されている種類は数多く、主な種類は4つあります。糸巻きのホール型・フッ素加工・ホルダー型・エクスバンドタイプとなります。ホルダー型の場合は、市販でも多く販売されているので誰でも購入することが出来ます。種類によって多少効果は異なりますが、どれも歯科医師が薦めるものばかり効果的です。歯ブラシでは落とせなかった汚れを落とせるので、併用して使えば効果は高くなるでしょう。市販でも販売されているので、誰でも簡単に使い始めることが出来ます。正しい使い方さえ覚えれば、いつでもデンタルフロスで歯をケア出来るのです。

歯を磨く

様々な種類

デンタルフロスには、糸巻き・フッ素・ホルダー型・エクスバンドの4タイプが、基本として販売されています。タイプによって特徴は異なり、自宅で手軽に使えるもの多いです。

» 詳細はこちら

歯のレントゲン写真

気になる効果

デンタルフロスには、虫歯予防は口内環境を整える効果があります。毎日の歯ブラシケアにプラスすることで、汚れをほぼ全部キレイに落としてくれるのです。口臭の気になる人へも、臭いへの心配を減らすこと出来ます。

» 詳細はこちら

歯の治療をする

正しく使う方法

デンタルフロスは、誰でも簡単に使うこよが出来ます。糸巻き型タイプや糸付きようじなどは、簡単な使用方法ですぐに使用を始められます。特に小さいお子さんやお年寄りが使う場合は、糸付きようじが非常に便利です。

» 詳細はこちら

白い歯の女性

頻度と使う注意点

デンタルフロスを使用する際は、眠る前の歯磨きの後に使うと効果的です。毎日使うのが難しくでも、タイミングを掴んでいればしっかり効果が得られます。使用する際には、医師に相談して自分に適したものを使いましょう。

» 詳細はこちら

歯医者

歯の状態を調べる

デンタルフロスは歯の汚れを取るだけでなく、虫歯や歯の詰め物の不具合などをチェックすることが出来ます。これらの早期発見は、歯の状態をキレイに保つことにとても大切です。毎日のケアに使用しながら、違和感を感じた場合は歯科医院へ行きましょう。

» 詳細はこちら