正しく使う方法

歯の治療をする

毎日の歯のお手入れにデンタルフロスをプラスする際は、正しい使用方法を理解した上で使うと効果も高く得られます。歯科医院で使われているデンタルフロスですが、自宅でも手軽に使うことが出来るほど簡単な使用方法となっています。糸の長さは長すぎてしまうと使いづらくなってしまうので、約40〜50センチの長さでカットします。指に巻きつけて、歯と歯の間にデンタルフロスを入れます。思い切り入れてしまうと傷つけてしまう可能性もあるので、ゆっくり入れていきましょう。前後に動かしながら歯垢を絡めとっていきます。動かす際も力任せで動かしてしまうと歯茎を傷付けてしまうので、力加減には十分注意してケアしていくよう注意が必要です。デンタルフロスは1回使ってしまうと、再度使うことが出来ません。歯垢などを取るので、2度使ってしまうと取った歯垢が再び歯に付いてしまう恐れがあるのです。出来るだけ新しいでデンタルフロスを使うか、使う前にしっかりと洗い汚れを落としてから使うと清潔を保てます。

デンタルフロスを使う場合は、糸が柄に付いているタイプを使用すると便利です。糸が柄に付いているタイプは、「糸付きようじ」とも呼ばれ認知度も高いです。テレビCMなどでもよく見られ、ドラックストアなどで様々なタイプの種類が販売されています。使い方が簡単な糸付きようじは、小さいお子さんからお年寄りまで手軽に使うことが出来ます。家庭用タイプには糸巻きタイプもありますが、糸を切ったり手に指に巻き付けるので多少手間がかかります。しかし糸付きようじなら、歯と歯の間に入れて動かすだけの簡単な使用方法なので誰でもすぐ使えるのです。虫歯予防は大人だけでなく、小さい子どもの時期から丁寧に行うことが大切です。将来キレイな歯でいるためには、小さいお子さんでも使えるデンタルフロスで歯のケアをしていきましょう。